シアリスと知った頃と一緒の喜び!今では夢中のタダシップ

シアリスの特徴

下着姿の女性 ED治療薬は御三家とも言われるバイアグラ・レビトラ・シアリスの三種があり、2007年に登場いしたシアリスは世界では愛用する男性の方が多く、後発薬にはタダシップ等の製品もあり、日本ではそこまで愛用者が多い薬ではありませんが、他の二種の薬とは異なる画期的なED治療薬になり最大の特徴として効果の有効とされている時間が非常に長く、それまではどんなに長くても10時間とされていましたがシアリスとは、36時間の有効時間を有するので圧倒的に持続させる事ができ「効き目の持続中に性交しなければ」という精神への負担をも軽減させる事ができ、持続時間の心配とは無縁の薬になります。
また最初の二種は作用も強い為、その反面で副作用の発現も強く現れ特有の症状である顔面の紅潮や頭痛等の症状が投与者のほとんどの方に見られますが、本剤はそれらを抑える事ができ、時間を掛けての作用になるので発現を抑えられ、また仮に副作用が現れたとしても自覚しないままで済む事がほとんであり、投与者の三割程度の方にしか副作用は起こらないとされています。

こういった事から分かる様に本剤成分のタダラフィルはあくまでも自然に近い形での作用となるので、一気に作用する従来までの薬を好む方には適さない事もありますが優しく体への負担を軽減させ服用を検討しているのであれば三種の中では最も適した薬になります。
また弱点として効果発現にかかる時間が個人の体調等も含めて大きな個人差があり、約一時間から四時間と三時間ものずれがあるので性交を失敗したくない方は投与の時期は性交の三時間前が有効な時間と考えられ、従来までのED治療薬は食後二時間は薬の投与を行ってしまうと効き目が不安定になる事もありましたが、本剤は一定Calまでであれば食べ物を摂取する事ができ効き目には影響が無いとされ食事のタイミングを図る必要もないとされていますが、やはり効き始めを早めたいのであれば空腹での投与が好ましいと考えられています。

本剤後発薬であるタダシップにも同様の事が言えますが作用自体は変わる事がなく、また先発薬では一錠が2000円前後しますが、タダシップはその1/3程度での服用を可能にしてくれるので、頻回投与を考えるのであれば経済的にも助けてくれる薬になります。