男性にとって深刻な悩みED。その原因と改善方法、ED治療薬シアリスの情報。

ED治療について

医者に検診してもらう患者

もしもEDになってしまった場合、多くの人は病院に行くか、薬での治療をまずは考えるでしょう。

EDの場合は、だいたい泌尿器科か内科に行く事になります。 大きな病院の泌尿器科では、ED専門外来を設けている病院もあります。

もともと内科で糖尿病や高血圧などの治療を受けている方は、内科での治療の方がスムーズでしょう。

ただし全ての病院で出来るわけではない為、事前に確認しましょう。

受診する場合は、普通の病気と同じように受付を済ませ、医師の診察を受けます。

・病気や健康状態について簡単に聞かれます。
・併用禁止薬などもある為、普段服用している薬がある方は持参するか、メモに控えていきましょう。
・血圧や脈拍、心電図検査をする場合もあるので、最近受けた健康診断や人間ドッグなどの検査結果があれば、それを持参した方がいいでしょう。
・血液検査をすれば、亜鉛が不足している、男性ホルモンの分泌が少ないというような、詳しいEDの原因を特定してもらえる可能性もあり、原因がわかればそれを補うように栄養に気をつけるなど出来ます。

【EDの主な原因】

心因性ED
器質性ED
薬剤性ED

ED治療薬の服用に問題がなければ薬をもらって終了です。
2回目以降は診察なしで、すぐに薬をもらえる場合もあります。

最近はED専門のクリニックも増え、スタッフが男性のみ、院内で薬をもらえるなどプライバシーに配慮されているところが多くなっています。
土日や、夜遅くまで診療をしているところもあります。

なお、ED治療は保険適用外となる為、全て自己負担となります。
つまり、病院が自由に薬の価格を決められる為、同じ薬でも価格に違いが出てくるのです。

また、初診、再診料などがかからないところもあるので、事前によく調べましょう。

ただし、悪質なところも増えており、高い薬だけを売りつけてこようとするところもあるようなので、くれぐれも気をつけるようにして下さい。

行くまでは勇気がいるかもしれませんが、行ってみたら拍子ぬけするほど簡単だったという声が多いです。

EDは、悪化するほど治療が難しくなりますので、まずは考えすぎずに医師に相談してみるのをお勧めします。

ここまで病院での治療の流れをメインに解説してまいりましたが、病院やクリニックに行くことに抵抗がある、行く時間が無い、そもそも近所に病院が無い、いちいち診察が面倒、診察料を取られたくない…等々、病院での治療はデメリットが存在することも確かです。

「ED治療薬さえあればそれでいいのに」
そう思われる方は数多くいらっしゃいます。
そのような方々には、個人輸入代行サイトを利用しての購入を推奨します。

煩わしい手間をかけることなく、希望のED治療薬を入手できる通販サイトは非常に便利です。

EDの概要を知る

EDの概要を解説する医者

ED(イーディー)とは勃起障害を英語で訳したErectile Dysfunctionの略になります。

どのような症状かというと、

・性交渉の時に意思と反して勃起できない状態
・勃起できても途中で中折れしてしまう
・勃起するのに時間がかかってしまう

などになります。

つまり、EDとは十分に満足なセックスができない状態を指します。

なぜEDになってしまうのか、ここでは簡単に説明致します。

・年齢

高年齢になるにつれ勃起し難くなります。
これは動脈や神経伝達の衰えから起きてしまうものです。
どうしても高年齢になると、体の機能が十分に働かず、勃起にも支障をきたしてしまうのです。

・生活習慣病

病気が原因でEDの症状が出てしまう事もあります。
勃起のメカニズムとして、ペニスなどに与えた刺激が脳で感知して性的刺激や性的興奮として伝えられます。
そしてそのまま男性の陰茎にある海綿体へ大量の血液を流すよう信号を送るのです。
スポンジのような海綿体に大量の血液が流れ込むことで男性性器は硬くなり、大きくなるのです。

たとえば糖尿病や高血圧症などの生活習慣病を発症すると、動脈の広がりが十分ではなくなってしまいます。
陰茎の海綿体へ送るはずの大量の血液もそのせいで送りづらくなってしまうのです。

年齢や病気でEDになってしまうのはすべて血流が関係しているのです。

・ストレス

勃起障害は若い男性でもなってしまう方がいらっしゃいます。
これの多くは精神的要因が原因だとされています。
現代日本社会はストレス社会となり、仕事関係、日常生活、対人関係においてすべてストレスが付き物です。
特に昨今はSNSが発達しており、インターネット上でさえストレスを感じてしまうことがあります。
ストレスなどを感じた場合、神経伝達がうまくいかず、勃起もうまくいかないということがあります。
男性は実はナイーブで女性の些細な行動でも勃起できなくなってしまうのです。
たとえば性的なプレッシャーなどはもってのほかで、余計役立たずになってしまうかもしれません。

EDの原因については下記にて詳しく記載しています。
自分は何が原因で勃起不全になっているのか、3つの原因からチェックしてみてください。

心因性ED
器質性ED
薬剤性ED

勃起障害はカウンセリングや治療薬で改善することが可能です。
もしお悩みであれば、まずは病院へ行くか、専門家に相談することをお勧めいたします。
その上でご自分に合ったED治療薬を選択すると症状の改善へと結びつきます。

ED治療薬はいまや通販サイトで注文できる時代です。
時間や費用を削減するためにも、賢く利用していくと良いでしょう。