シアリスとタダシップの比較

日本では1999年に薬を使っての治療ができるようになった勃起不全ですが、その先駆けとして登場したのがバイアグラというED治療薬です。
発売当初は男性達の間では良い意味でも悪い意味でも有名となり、勃起不全が治療できるようになったこと以外にも、誤った服用方法によって死亡するケースや、偽物を販売する悪質な業者なども現れ社会問題にまで発展した薬でもあります。

その5年後にはレビトラというバイアグラの欠点を改善した第2世代の治療薬が登場し、その即効性と中時間程度の作用時間が人気となりました。

そして2007年。
最新のED治療薬であるシアリスが登場しました。
長時間作用や食事の影響を受けにくいという、最初に登場した2つのED治療薬の欠点を改善し、薬の作用も、服用にかかわる精神的な面でも男性をサポートできる薬として、今では世界100以上の国々で愛用者が増加している世界的にも人気の治療薬です。

ですが、どの薬も長期服用となると共通した欠点があります。
それは、健康保険の適応をすることができない治療になるということです。
そのため服用にかかるコストは非常に高く、有効的に治療はできるものの経済的な負担が大きく、治療を諦めてしまう男性も中にはいます。

そのような負担を減らすことができるのがジェネリック医薬品です。
特に人気の高いシアリスからもタダシップという製品が登場しています。

タダシップは先発薬のシアリスと同一のタダラフィルを成分としているため、最大で36時間にも及ぶ作用時間があり、長時間勃起をサポートすることができます。
また、食べ過ぎはいけませんが、ある程度のカロリーまでの食事であれば服用の前でも摂ることができ、空腹時以外でも薬の効果を安定させることができるので、無理のない服用を可能にしてくれます。

先発薬と変わらぬ効果を期待できる治療薬となり、先発薬では20mgで2000円前後するものがタダシップなら400円程度で服用することができるので経済的にも安く抑えることが可能で、時間を気にすることなく性行為をパートナーと楽しむことができます。

タダラフィルはゆっくり時間をかけて身体に作用するため、副作用の発現率を他の2つのED治療薬に比べ抑えることができ、火照りなどの副作用を抑えることもできます。