EDに陥ってしまう原因はさまざまです。ストレスなどはもちろん生活習慣の乱れも原因になります。

EDになってしまう生活習慣とは

誰でもEDになる可能性を指摘する医者

患ってしまうと厄介なED。

できることならなりたくないというのが正直なところですが、EDになる可能性というのは誰にでもあります。

しかし、当然ながらEDにならないというのが理想ではあります。

そうならないように気を付けたいところですが、そのためには当然ながら気を付けなければならないポイントについて知っておかなければなりません。

そして、そのためには原因がどこにあるのかということも、知っておかなければならないのです。

EDはなにが原因でなってしまう病気なのでしょうか?

誰もが気になる原因について知っておきましょう。

EDの原因は非常にさまざまですが、やはりストレスは大きな原因といえます。

EDの中でも「心因性ED」という種類があります。

この心因性EDは精神的なストレスなどが主な原因となっています。

「ストレスは万病のもと」という様に、ストレスが原因でEDになってしまうこともあるのです。

ストレス社会と言われる現代ですから、ストレスを抱えてしまうことは仕方のないことかもしれません。

しかし、うまく発散しなければEDに陥ってしまうことがあるのです。

もちろん、ストレスだけが原因になっているわけではありません。

生活習慣も原因のひとつです。

偏った食生活している男

たとえば、食事。

偏った食生活になってしまっていませんか?

会社から帰るのがいつも遅い、一人暮らしで自炊が苦手、という方の中にはパパっと手軽に作れるインスタント食品ばかり食べているという方も多いはずです。

しかし、食生活が乱れると必要な栄養素が不足してしまい、身体の機能は低下してしまいます。

身体の機能を正常にするためには食生活を正すことが最も大事です。

タバコやアルコールもEDの原因となる生活習慣のひとつです。

タバコは「百害あって一利なし」といわれていますよね。

まさにその通りで、心配の機能低下や血管の収縮などに繋がるので、EDだけでなく心筋梗塞や肺がんなどを引き起こす原因でもあります。

アルコールは少量程度であれば問題はありません。

しかし、飲み過ぎたり、「休肝日」を作らないとなると、EDやその他の疾患に繋がります。

運動不足や睡眠不足などの生活習慣の乱れもEDの原因となります。

運動する時間が確保できない、睡眠する時間が確保できないという方も多いと思いますが、運動不足や睡眠不足は身体機能の低下に直接的に関係するので、改善しましょう。

最寄り駅まで歩いていく、夜は6時間~8時間の睡眠を確保できるようになるべく早く寝るなど、意識的に生活していくことが大事です。