EDは病院で治療することももちろん可能ですが、一体何科で相談すればいいのでしょうか。

病院で治療する

問診する医者

身体の調子が悪い時は病院へ行くというのが一般的ですが、ED治療もまた病院にたよる事が出来ます。

病院には症状や疾患を持っている部分によって科が分かれており、診てもらう科へ行く必要があるのですが、EDというのは何科へ行くべきなのでしょうか。

EDの場合は内科や泌尿器科、もしくは男性更年期外来といったところがそれに該当します。

しかし、EDというのは男性にとって恥ずかしく情けないと感じてしまう人も多いでしょう。そういった方にとって病院で担当の医師が女医さんだったり、そうでなくても看護師さんが好みのタイプだったりすると、辛くなってしまう場面も……。

となると、病院に行きたくないという気持ちにもなってしまうところですが、EDは時間が経てば症状は悪化してしまうので、そういうわけにもいきません。

そういった場合には専門のクリニックへ行ってみるというのも選択肢のひとつです。

ED専門などにはスタッフが男性しかいないなど、安心して治療を受けられる環境が整っています。

専門クリニックの医者

安心して治療を受けるためには、医療機関の選び方もこだわっておきたいところ。

第一にスムーズに受付が出来るところかどうか。

男性にとって受付であれこれ説明するというのも辛い話ですよね。

医療機関によっては口頭での説明以外で受付が出来るところもあるので、そういったところを選ぶのもいいでしょう。

第二に自宅から近いかどうかです。

ED治療は一発で治るというものではありません。頻繁に通うという事もあるでしょう。

そういった場合のメリットとデメリットも考えます。

近いと通いやすいのですが、その分知人に知られてしまう可能性が高いという問題も隣りあわせとなります。

第三に来院以外の方法で医師と相談出来るかという点です。

医療機関の中にはメールなどで症状を相談出来るものもあります。恥ずかしさが先立ってしまうという人は、まずこういった方法で診察してもらうというのも良いでしょう。

医療機関でお世話になると、ICI治療や陰圧式勃起補助具などでEDについて改善を施してくれます。手術や投薬などお任せ出来るのも嬉しいポイントです。

なによりも、医師が親身になって相談に乗ってくれたり、今の自分に合った治療を行ってもらえるので、身を委ねられるというのが安心出来るところ。

併用禁忌薬や体調体質など、実際に診て貰わないと判断出来ない事もあります。

医薬品などであれば他の入手ルートもあるものの、医師を通さないので不安があるという方は、こういった方法を実践していくことをオススメします。