EDの中でも特に血管に問題を抱えていてEDになっているパターンの場合、ED1000という治療方法が有効です。

衝撃波で治療する方法!?

EDについて悩んでいる男性

昔から男性にとってEDというのは悩みの種でした。

「一生ものだ」として諦める人も多かった中、ED治療薬が登場しました。

薬によってEDを改善出来るというのは画期的だといえるでしょう。

そしてその後、ICI治療というものも生まれました。

直接陰茎に勃起をさせる薬を注入することで性交ができるようになったのです。

EDの原因である血管の損傷。

簡単に言ってしまうと陰茎の血管が細くなり血液が流れ込まないために勃起へと至らない、それをED治療薬やICI治療によって強制的に血管を広げ改善してきました。

とはいえ、これらは一時的な治療でもあります。

血管問題に至っては血管の損傷をどうにかしないことには自然な勃起というのはどうにもならないというのはネックでした。

しかし、ここにその他の治療として「ED1000」という治療方法が生まれました。

ED1000本体

ED1000は「勃起不全衝撃波治療」とも呼ばれています。

ペニスに直接衝撃波を当てることにより血管機能を高めるのです。

衝撃波でペニスの血管に揺さぶりをかけることにより、細胞に働きかけます。

こうすることにより新しい血管を生成する細胞増殖因子が新しく血管を形成するというのです。

新しく血管が作られれば、そこに血液が流れ込むことが出来るので、勃起を自然に行うことが可能です。

つまり、ED1000とは、根本的な血管の問題を解決するという画期的な治療法なのです。

一体どのような治療なのでしょうか。

ED1000では、ペニス5か所に20分かけて衝撃波を与えていきます。

大事な場所に衝撃波というのはなんとも恐ろしいものですが、痛みはなく少しビクッとなる程度のようです。

治療は1度で完了というわけではなく、だいたい3ヶ月に分けて合計12回とされています。最初の3週間で6回衝撃波を与え、3週間休み最後にまた3週間かけて6回の衝撃波を与えるのです。

根本的なところに焦点を当てた治療なので、期待されているED1000ですが、まだ実績の少ない治療法なので場合によっては、治療を終えたとしても何年か先に再び治療を行う必要性が出て来る可能性も否めません。

また、副作用についてはまだ報告はありません。様子を見る必要はあるかもしれませんが、期待が持てるところです。

また、どのED治療よりも高いというデメリットもあります。合計12回の治療では36万円近くの総額が必要になります。ED治療は健康保険が効かないというのがネックなところ。今後の展開では治療費も変わって来るでしょうが、それなりの金額は覚悟しておく必要があるでしょう。