ED治療薬シアリスジェネリック

シアリスジェネリックとは、本来であれば存在するはずが無いものです。
その理由としては、先発薬のシアリスが2016年現在でも特許を継続している為、開発した製薬会社以外に、販売はもちろん、製造する事も出来ないとされているからです。

しかしインドではシアリスジェネリックを製造することができます。

そう聞くと、インドが新薬の特許期間を無視し、非合法的につくっているのではないかと考える方もいらっしゃるかも知れませんが、それは違います。

インドは国際条約に加盟していない為に、特許の有無に関わる事なく様々な薬剤の後発薬を誕生させることができるのです。
その代表として、ED治療薬シアリスのジェネリックであれば、タダシップという製品を挙げる事が出来ます。

では、タダシップをはじめとするシアリスジェネリックはどのように入手すればよいのでしょうか。
シアリスジェネリックは製造国以外はどの国にいっても未承認薬となるので、日本国内で医師から処方を受ける事は出来ません。

手に入れる方法はただひとつです。
それは、インドから個人で輸入するという方法です。

その際、大変便利なツールとなるのが個人輸入代行サイトです。
英語が苦手な方でもすべて日本語で対応してくれますし、通関等に関する手間もかかりません。
当サイトで紹介しているような信頼と実績のある海外医薬品通販サイトであれば安心して輸入代行を依頼できます。

タダシップは、輸送料金や税金の兼ね合いを考えても圧倒的に安価で購入する事ができます。
有効成分のタダラフィルは先発薬のシアリスで数多くの臨床試験により安全性は確認済みで、先発薬と同じ効果を持ちながらも低価格で購入できるタダシップに切り替える男性は増加しています。

効果としては、血流を改善する事で硬度のある膣挿入には十分な勃起状態を起こす事が出来るものになります。
薬理的に見ると勃起を起こす際に体内からNOが放出されその中に血液を集める為に重要な物質である環状グアノシン一リン酸が含まれており、これは血管を拡げる事が出来る物質となるのでこれを分解する性質がある勃起抑制の酵素である5型のホスホジエステラーゼを阻害する事で物質の優位性を強める事ができ、海綿体に多量血液輸送を行う事が出来る仕組みになります。

タダシップは、前述のとおり、シアリスと成分が同一になるので長時間型である事には変わりはなく、また副作用の発現率を低下させる事や、食事の影響を受け難い点等も同様になります。

EDは、医師にはもちろん、女性の方に伝える事には抵抗があり、なかなか言い出せない疾患でもあります。
シアリスジェネリックを個人輸入をすれば、陰茎を他人に診せる事なく、また女性の方に協力を仰ぐ必要もなく、恥ずかしい思いをする事もありません。

上記の事を考慮し、自己責任の元で内服を希望する方は個人輸入する事を推奨します。

先発薬シアリスとジェネリック医薬品タダシップの詳細はこちらをご覧ください。

タダシップの特徴についてはこちらでご確認いただけます。