ED治療薬にはジェネリック医薬品があります。ジェネリック医薬品であれば安い価格で購入することができます。

ジェネリック医薬品とは

シアリスジェネリックのタダライズ

ED治療薬は保険適応外となっています。

医療機関にもよりますが、バイアグラを購入しようとすると相場としては1,500円や2,000円かかります。それも一錠にかかる費用です。

当然ながら一錠で済む話でもないので、まとめて購入すると10,000円を軽く超えてしまう事もあります。

しかしジェネリック医薬品であればそんな費用を3分の1ほどまで減らす事もできるのです。

さて、ジェネリック医薬品というのは一体何でしょうか?最近よく耳にする言葉ですが、中には知らないという人もいるかもしれません。まずはジェネリック医薬品について説明して行きたいと思います。

ジェネリック医薬品というのは、後発医薬品という意味があります。反対に先発医薬品は何かというと、新薬の事です。

これから初めてのお薬を作って世に出そうかという時、製薬会社は新薬の製薬を始めます。実はこれは想像以上に巨大なプロジェクトだというのはご存知でしょうか。

製薬年数は9〜17年かかり、その費用は500億に上るといいます。製薬会社の負担がいかに大きいかというのは分かると思います。なので、発売時には特許が取られ独占的に利益を獲得できるのです。ただし、いずれ特許は切れます。切れた際に他の会社が作るのが後発医薬品、ジェネリック医薬品というわけです。

ジェネリック医薬品は効能など同じものを別のお薬として改めて作るわけですが、その作り方というのは新薬の製薬の時点ですでに元ができています。つまり新薬ほど苦労せずに製薬することが可能なのです。時間も大きく短縮できわずか3年で製薬ができますし、その分費用も少なく1億ほどで済むのです。

ゆえに安価で発売する事ができるというわけなのです。

味付けがされているレビトラジェネリックのジェビトラ

とはいえ、完全なコピーというわけでもありません。ジェネリック医薬品では効能や有効成分は変えてはいけないとされているものの、その他の部分、つまり味や形に変化を加えてもいいということになっています。

これによりどういったメリットが生まれるのかというと、本来であれば苦くて飲み辛いというお薬であったなら、ジェネリック医薬品では甘くしてみたり、錠剤が大きくて飲み辛ければジェネリック医薬品では小さくして見るといった改善が期待できるのです。

効果は得たいけど飲み辛い…ならジェネリック医薬品で試してみようという選択肢が生まれる、それこそがジェネリック医薬品の魅力でありメリットなのです。

価格問題だけでなくED治療薬もジェネリック医薬品の方が飲みやすいという事もあるかもしれませんよ。