レビトラのジェネリック医薬品である「バリフ」や「バリフゼリー」を利用すことで、ED治療を安い価格でおこなうことができます。

レビトラのジェネリック

レビトラジェネリックの一つ、バリフ

レビトラはバイアグラに続き二番目に出たED治療薬です。

そのレビトラにもジェネリック医薬品は出ています。

効能や有効成分はそのままに安価で手に入れる事ができるジェネリック医薬品は金銭的に助かりますが、安価という事でその効果には不安があるという人もいるのではないでしょうか?

実はジェネリック医薬品というのは、一定の審査を通らないとジェネリック医薬品として販売できないという決まりがあります。

それによると新薬と同等の効能と有効成分が無いといけないとされています。

つまり、いくら安価だからといって、新薬と比べ効かないという事は無いと断言できるのです。

さて、そんなレビトラのジェネリック医薬品には、「バリフ」と「バリフゼリー」といった二種類が存在します。バリフは錠剤タイプ、バリフゼリーはゼリータイプとなっており、それに伴い実際の効き目などの違いはあるものの、基本的にはどちらもレビトラに準ずるところがあります。

効果が出始める時間や効果が持続する時間などに変わりはありません。

変るのはなんといっても服用方法でしょう。特にバリフゼリーです。

人によっては錠剤タイプでは飲み込み辛いという人もいます。そんな錠剤タイプの薬を飲む時に必要になるのが水分です。これによってスムーズに体内へ流すことができるのです。単品で飲み込むと喉や粘膜にくっついてしまい、効果がしっかり得られないどころかくっついた粘膜が炎症を起こしてしまう可能性もあります。

とはいえ、服用に水分がセットで必要だというのは場合によっては困る事態でもあります。飲みたい時に水などがない可能性もあるからです。

パートナーとの関係にもよるでしょうが、できればこっそりと服用したいという人もいるでしょうから、水を飲むタイミングがつかめない場合もあるかもしれません。

そういった意味ではバリフゼリーというようなゼリータイプは服用するのに水を要しないので、いつでもどこでも安心して服用する事ができるという強みがあります。

そんなバリフやバリフゼリーを購入したいという人もいると思いますが、実はこれらは海外のジェネリック医薬品なのですが、まだ日本では認可が下りておらず日本に出回るという事がありません。手に入らないのです。

かといって絶対購入できないというわけでもありません。個人輸入サイトを利用すれば合法的に海外のジェネリック医薬品を購入する事ができるのです。通販感覚で利用できるのでぜひ使ってみましょう。