レビトラのジェネリック医薬品であるバリフ。そんなバリフの効果や副作用について紹介します。

バリフについて

レビトラのジェネリック医薬品バリフ

バリフはED治療薬レビトラのジェネリック医薬品です。

他のED治療薬に比べて即効性があり、食事の影響を受けにくいことが魅力のレビトラですが、そのジェネリックであるバリフは一体どうなっているのでしょうか。

バリフは性行為をする30分前に服用しておく事で、服用から20分後には効果があらわれはじめます。これは他のED治療薬にはないほどの効果の即効性を持っています。

これはまさしくレビトラのそれと同じです。

その後5~10時間は効果が長続きします。

一日一錠の服用となっており、効果が切れた10時間後にまた機会があったからと服用するというのはよくありません。次の使用は24時間あけておきましょう。

錠剤タイプとなっており、服用には水やお湯を用いるのが一般的ですが、グレープフルーツジュースと一緒に服用すると副作用が強く出てしまうのでやめておきましょう。

副作用についてですが、こちらもレビトラと同じで頭痛や顏の火照りや動悸といったものが報告されています。

これらは血流が良くなった事で起こる現象ですが、問題になるほど深刻なものでもありません。

しかし、耐えられない程のものであったりする場合、医薬品が身体にあって無いという可能性もあります。そういった場合には医師に相談するようにしましょう。

また、高血圧症や心臓疾患などの病気を抱えている場合、服用には向いていません。また、過去にもそういった病気をして治療を行った事があるという人はしっかりと医師に伝えるようにしておきましょう。

特に狭心症の医薬品を使用している人は独断で併用してしまうと命の危険にまで及んでしまう可能性もあるので注意が必要です。

バリフは黄色で丸く小さい見た目の医薬品です。

そんなバリフには20mgのものが主流です。ネットなどで調べると40mgや60mgといった商品を見かける事もあったかもしれませんが、現在では20mgのみが扱われています。

20mgのものしかないので、その効果が強く効きすぎてしまった場合に困ることがあります。

効果が強く出るのはいいことですが、副作用まで強く出てしまうと非常に困りものですよね。

効きすぎるのでもう少し容量の小さなものが欲しいという場合、ピルカッターなどで20mgを半分にして使うというテクニックもあります。

ちなみに手で割ろうとすると粉々になってしまうので、必ずカッターで割るようにしましょう。

購入する場合は通販サイトを利用するのがオススメです。

日用品などを販売している通販サイトを利用した事のある人なら、誰でも簡単に利用できるので使ってみましょう。

一錠150円から200円程度で販売されているので、レビトラよりも非常に安い価格で購入することができます。