タダシップ
タダラフィル20mg 4錠 1,750円
タダリフト
タダラフィル20mg 4錠 2,000円
タダライズ
タダラフィル20mg 10錠 2,250円
タダポックス
タダラフィル20mg+ダポキセチン60mg
10錠 2,340円

レビトラのジェネリック医薬品にはゼリータイプのバリフゼリーがあります。バリフゼリーにはどのような特徴があるのでしょうか。

ゼリータイプの治療薬

ゼリータイプのバリフ

レビトラのジェネリック医薬品であるバリフゼリーは、その名の通り「ゼリータイプ」の医薬品です。多くのジェネリック医薬品が出ていますが、新薬とここまで形を変えたジェネリック医薬品というのも珍しいといえるでしょう。

バリフゼリーは、ゼリータイプなので元のレビトラとは色々変わっていそうに思うのですが、性行為の30分ほど前から服用しておき、服用から20分後には効果があらわれはじめます。しかしゼリーであれば吸収が良いので、体感的にはもう少し早く感じる事もあるかと思います。

効果は5~10時間といったあたりで、長期的な性行為や、服用からベッドインまでが紆余曲折あったとしても対応できる事でしょう。

一日に一包となっているので、次の服用までは24時間空けましょう。

副作用も同じで頭痛や顏の火照りや動悸といったものが報告されています。

これらは血管拡張による血流促進が原因です。

慣れると治まりますので心配するほどではないのですが、異常に痛みや動悸が強い、といった場合は身体に合わないせいかもしれません。医師に相談するようにしましょう。

狭心症の医薬品などを飲んでいる場合には併用禁忌薬なので服用は避け、また高血圧症や心臓疾患を患っているだけでなく、過去にそういった治療をしたことがあるという人は使用前に医師に相談するようにしましょう。

このようにバリフゼリーであってもレビトラと特に大きな違いはありません。

しかし、ゼリー状であるという特徴から、バリフゼリーは錠剤が苦手だという人にとっては飲みやすいというメリットがあります。

錠剤は飲み込みにくいという問題もありますが、服用の際に水分が必要という問題もあります。

今、飲みたい!というタイミングで必ずしも水があるかというとそうでもありませんよね。

そういう意味では水分を必要とすることなく飲み込めるゼリータイプは利用しやすいといえるでしょう。

また、味がついているゼリーになっているという点も、服用のしやすさにつながっています。

バリフゼリーは7包入っているのですが、バナナ・ストロベリー・オレンジ・ミント・パイナップル・バタースコッチ・ブラックカラント(カシス)という風に、全ての味が違うため、飽きずに楽しみながら服用できるというのも嬉しいポイントです。

また見た目に医薬品っぽさがなく、仮に女性に服用しているところを見られたとしても、ED治療薬だとは気づかれにくいでしょう。

バリフゼリーは日本では出回っていないジェネリック医薬品です。

外国産なので輸入する必要があるのですが、残念ながら国の認可の下りてない医薬品でもあるので、輸入される事はありません。

しかし、個人輸入サイトを利用すれば合法的に手にする事ができるのです。