バイアグラのジェネリック医薬品であるカマグラゴールドの服用方法や注意点について説明します。

カマグラゴールドとは

カマグラゴールドのパッケージ

バイアグラのジェネリック医薬品のひとつ、カマグラゴールド。

世界的にも有名なバイアグラのジェネリック医薬品という事で、耳にした事があるという人もいると思います。

バイアグラは世界初のED治療薬なので、ED治療薬のジェネリックという意味でも特許の関係から早い段階で出たものとなります。

ジェネリック医薬品となると別の医薬品という感じが強いかもしれませんが、バイアグラとほぼ同じだと考えて貰っても問題はありません。

一日一錠、性行為の30分前から一時間前に服用します。その時は水かお湯で飲み込みます。バイアグラと同じでアルコールによる影響は受けませんが、グレープフルーツジュースによる影響は受けてしまいます。副作用が強く出てしまう事もあるので、服用時には注意しましょう。食事の影響も受けてしまい効果が半減する恐れがあるので空腹時がオススメです。

効果は5~6時間続きますので、性行為を続けて行うという事にも効果を発揮する事でしょう。

注意したいところもバイアグラのそれと同じになります。

まず気になる副作用ですが、顏の火照りや動悸といったものが報告されています。

これは血管の拡張により血行が良くなったことでおこります。

問題というほどのものではありませんが、長く続いたり症状がひどい場合は医師に相談しましょう。

狭心症の治療薬などは併用禁忌薬として指定されているので、避けるようにしましょう。

カマグラゴールドは外国で作られた医薬品ということもあり、100㎎と容量は多くなっています。これをバイアグラに例えると、25mgと50㎎のものが100㎎で手に入るという事になるので一見効果的と思うかもしれませんが、これは海外の方の体に合わせているからです。日本人の小さい身体では25mgや50㎎で充分。手にしてもそのまま服用するというのは控えておいた方が良いでしょう。

カッターなどを使って半分にし、50㎎やさらに半分にして25㎎として使うのがオススメです。なによりただでさえ安価のジェネリック医薬品ですが、この方法では価格の半分か四分の一で利用できるという事でもあるので、さらにお得なのです。

価格は一錠400円から500円といったところでしょうか。

海外でしか一般向けに販売されているカマグラゴールドはまだ日本で認可が下りておらず国内では購入する事ができません。これは病院であっても同じです。手に入れる事はできません。

ではどうするのかというと個人輸入で手に入れる方法がオススメです。個人輸入するには個人輸入代行業者に頼むのが一般的です。難しい手続きも無いので簡単ですので、ぜひ利用してみましょう。