EDの治療は基本的に保険が適用されることはありません。しかし、その原因によっては保険適用となるケースがあるのです。

ED治療と保険

EDが深刻な問題に発展した男女

勃起がうまくいかず、パートナーとの性行為がうまくいかなくなるというのは、かなり深刻な問題だといえるでしょう。

EDは病気なので、病院に行って治療を受ける事ができます。

病院などで治療を受ける場合、基本的には保険が適用されて治療費を安く抑える事ができますが、ED治療では一般的には保険適用外とされ、負担が大きいというのはご存知の方もいるでしょう。

適用されない理由は「病気そのものを治すのではなく、ED治療とは生活向上にあたるから」なのです。

EDには種類があります。

身体の血管や神経といった機能が損傷した事でなってしまう器質性EDや、ストレスなど精神的なものが原因でなってしまう心因性EDです。

どちらもEDなので、一見保険は無関係だと思ってしまうのですが…実はEDを引き起こす原因によっては保険が適用される場合もあるのです。

保険が適用されるとなると金銭面でかなりの違いが出てきます。

続けて治療を受ける必要がある場合、回数も馬鹿にならないので、是が非でもというところですよね。

では、どういったEDなら保険が適用できるのか、くわしく説明していきましょう。

保険適用について解説するドクター

生活習慣病によって引き起こされるEDというのは、生活習慣病を治すという事で保険が適用されます。

ただし、種類のある生活習慣病の中でも基本的には「糖尿病」と「高血圧症」に限ります。

実はEDと生活習慣病は深い関わりがあります。

事実、生活習慣病の患者さんの中でEDとなった人は多いのです。

中でも糖尿病や高血圧症は勃起をするために重要な神経や血管にダメージを与える病気なので、EDを引き起こしやすいのです。

生活習慣病が原因でEDになっている場合、ED治療薬を用いて治していくのですが、原因となっている生活習慣病自体を治す事で治療していく事も可能なので、こちらで治療する場合には保険が適用されるのです。

また、男性更年期障害であっても治療の種類によっては健康保険が適用される場合も。

ARTと呼ばれるアンドロゲン補充療法がそれにあたります。

男性更年期障害は男性ホルモンの減少が主因となっている病気です。

男性ホルモンが減少すると当然勃起機能にも影響がでてしまうので、EDとなる可能性があります。

これをED治療とせず更年期障害治療という名目で回復させるというわけですね。

ATR治療といっても色々ありますが、保険が適用されているのは注射剤が保険適用となります。

ゲル剤や経口剤、パッチ添加剤は適用外になるという事は覚えておきましょう。