タダシップ
タダラフィル20mg 4錠 1,750円
タダリフト
タダラフィル20mg 4錠 2,000円
タダライズ
タダラフィル20mg 10錠 2,250円
タダポックス
タダラフィル20mg+ダポキセチン60mg
10錠 2,340円

タバコやアルコールなどちょっとした生活習慣がEDに関係します。タバコやアルコールを控え、ストレスフリーな生活を送ることがED改善に効果的です。

EDとタバコ・アルコール

タバコとビール

EDという症状は喫煙をしている人によく起こりやすいといわれています。

勃起のメカニズムは本来脳が性的興奮を感じ、そして興奮が神経を通ってペニスに伝わり、体の中で一酸化窒素を発生させて血液をペニスに集めることによって、はじめて勃起するようになっています。

ということは血行不良が起こると、勃起しなくなる状態になるわけです。

タバコに含まれているニコチンというものは、血管を収縮させる作用があります。

そのため血流が悪くなり、血行障害が発生するのです。

結果としてタバコを普段からよく吸う人は、まともにパートナーと満足いくセックスができなくなることがあります。

またタバコだけではなく、アルコールもEDに大きく影響してきます。

アルコールを飲むと、そのアルコールを分解するために体内の栄養バランスが崩れてしまいます。

さらに神経が鈍り、一時的に勃起しづらい状態になるのです。

もちろん適度な量のアルコールを飲むくらいなら問題ありませんが、あくまでも飲み過ぎないことが重要なのです。

さらにアルコールは長期的に飲み過ぎると、テストステロンという物質の分泌を低下させてしまい、それがEDへとつながってしまうおそれがあります。

これはビタミンやミネラルそして亜鉛といったものがたくさん消費されてしまうからです。

しかもEDだけではなく、アルコールの飲みすぎは肝臓に負担を与えてしまい体の健康状態が著しく悪くなってしまいます。

そしてEDはストレスを感じることによっても発生してしまいます。

多くの人がストレスを溜め込んでしまっていると思いますが、そのまま溜め込みすぎるとEDになるおそれがあります。

実は精神的な要素は勃起との密接な関係があるので、普段からストレスが溜まっている人でかつ勃起不全に陥ってしまっているなら、ストレスを解消する方法を探していかなければいけません。

もちろんその解消方法はなんでもかまわないので、自分の精神状態が一番リラックスできるようなことを普段の生活に取り入れるようにしてください。