三大ED治療薬の中でも世界で最も利用されているのがシアリスです。シアリスの効果や副作用について解説します。

シアリスについて

シアリスのパッケージ

ED治療薬には御三家とも言われるバイアグラ・レビトラ・シアリスの三種があります。

その中でも、2007年に登場したシアリスは世界中で愛用する男性の数が多く、後発薬にはタダシップ等のジェネリック医薬品も豊富にあります。

日本ではまだそこまで愛用者が多い薬ではありませんが、他の2種の薬とは異なる画期的なED治療薬なのです。

■シアリスの特徴① 効果持続時間

シアリスの最大の特徴として、効果が有効とされている時間が非常に長いことが挙げられます。

それまではどんなに長くても効果の持続は10時間ほどでしたが、シアリスは36時間もの有効時間を有するのです。

そのため「効き目の持続中に性交しなければ」という精神への負担をも軽減させる事ができ、持続時間の心配とは無縁の薬になります。

■シアリスの特徴② 副作用

最初の2種は作用が強い反面、副作用の発現も強く現れてしまうというのが問題でした。

バイアグラやレビトラは特有の症状である顔面の紅潮や頭痛等が服用者のほとんどに見られますが、シアリスは時間を掛けての作用になるのでそれらの症状を抑える事ができ、仮に副作用が現れたとしても自覚しないままで済む事がほとんです。

統計では服用者の3割程度の方にしか副作用は起こらないとされています。

こういった事からも分かるように、シアリスの有効成分であるタダラフィルはあくまでも自然に近い形での作用となります。

一気に作用する従来までの薬を好む方には適さない事もありますが、優しく体への負担を軽減させ、尚且つしっかりと勃起させたいということであれば、3種の中では最も適した薬になります。

■シアリスの特徴③ 効果発現時間

シアリスの弱点として言われる効果発現までにかかる時間に関しては、個人の体調等も含めて大きな個人差があり、約1時間から4時間とされています。しかし、この個人差については1度服用してみてチェックするという方法を取るのが最善です。

あくまでも平均発現時間を基にした計算ですが、性交を失敗したくない方は、性交の3時間ほど前に服用すれば問題ないでしょう。

ご自身の体調と体質を理解した上で服用することが肝要です。

シアリスなら食事の影響を気にしなくてもよい

■シアリスの特徴④ 食事

シアリス以外のED治療薬は、効き目が不安定になる事もあり、食後2時間は服用を控える必要がありました。

しかしシアリスは一定のカロリーまでであれば食べ物を摂取しても問題なく、効き目には影響が無いとされ食事のタイミングを図る必要もありません。

もちろん、効き始める時間を早めたいのであれば空腹での服用がベターです。

このように、シアリスには他のED治療薬には無いメリットが沢山あります。

ED治療薬の購入に悩まれている方はまずシアリスを試していただきたく思います。

シアリスの後発薬であるタダシップ等も、作用自体は変わる事がなく、また先発薬では1錠が2000円前後するのに対し、シアリスジェネリックはその1/3程度での購入を可能にしてくれるので、頻繁に服用することを考えるのであれば、ジェネリック医薬品は経済的にも助けてくれる薬になります。

こちらでシアリスジェネリックについて解説していますので、併せてぜひお読みください。