EDの概要を知る

ED(イーディー)とは勃起障害を英語で訳したErectile Dysfunctionの略になります。

最近ではテレビやCM、インターネット広告などから知名度は広がりつつあり、一般的な言葉となっています。

どのような症状か説明致しますと、

性交渉の時に意思と反して勃起できない状態

勃起できても途中で中折れしてしまう

勃起するのに時間がかかってしまう

などになります。


つまり、EDとは十分に満足なセックスができない状態を指します。

なぜEDになってしまうのか、ここでは簡単に説明致します。

・年齢
高年齢になるにつれ勃起し難くなります。
これは動脈や神経伝達の衰えから起きてしまうものです。
どうしても高年齢になると、体の機能が十分に働かず、勃起にも支障をきたしてしまうのです。

・生活習慣病
病気が原因でEDの症状が出てしまう事もあります。
勃起のメカニズムとして、ペニスなどに与えた刺激が脳で感知して性的刺激や性的興奮として伝えられます。
そしてそのまま男性の陰茎にある海綿体へ大量の血液を流すよう信号を送るのです。
スポンジのような海綿体に大量の血液が流れ込むことで男性性器は硬くなり、大きくなるのです。

たとえば糖尿病や高血圧症などの生活習慣病を発症すると、動脈の広がりが十分ではなくなってしまいます。
陰茎の海綿体へ送るはずの大量の血液もそのせいで送りづらくなってしまうのです。

年齢や病気でEDになってしまうのはすべて血行の流れが関係しているのです。

・ストレス
勃起障害は若い男性でもなってしまう方がいらっしゃいます。
これの多くは精神的要因が原因だとされています。
現代日本社会はストレス社会となり、仕事関係、日常生活、対人関係においてすべてストレスが付き物です。
特に昨今はSNSが発達しており、インターネット上でさえストレスを感じてしまいます。
ストレスなどを感じた場合、神経伝達がうまくいかず、勃起もうまくいかないということになります。
男性は実はナイーブで女性の些細なことでも勃起できなくなってしまうのです。
たとえば性的なプレッシャーなどはもってのほかで、余計役立たずになってしまうかもしれません。

EDの原因については下記にて詳しく記載しています。
自分は何が原因で勃起不全になっているのか、3つの原因からチェックしてみてください。

心因性ED
器質性ED
薬剤性ED

勃起障害はカウンセリングや治療薬で改善することが可能です。
もしお悩みであれば、まずは病院へ行くか、専門家に相談することをお勧めいたします。
その上でご自分に合ったED治療薬を選択すると症状の改善へと結びつきます。

ED治療薬はいまや通販サイトで注文できる時代です。
時間や費用を削減するためにも、賢く利用していくと良いでしょう。